昔から健康に良いと言われてきたのが、サポニンです。
田七人参や高麗人参は、サポニンの含有量の多さで有名です。
田七人参や高麗人参に含まれているサポニンには、血液の流れを促進させて、血栓ができにくくする働きがあります。
大豆に多く含まれている大豆サポニンには、コレステロール値を下げる働きがあります。
さらに、摂取後に腸内で吸収されたブドウ糖が、脂肪と結合して溜まらないように抑制する働きもあります。
そのため、肥満を防止する効果が期待できます。

活性酸素は、細胞を傷付けて、病気や老化の原因になります。
活性酸素によってコレステロールや中性脂肪が酸化すると、過酸化脂質になります。
大豆サポニンは、過酸化脂質の生成を抑えて、肝臓の機能を活発にすることもできます。
また、インスリンと似た働きをするため、糖尿病の改善にも役立ちます。

人間には、生まれつき免疫機能が備わっています。
病気になったり、怪我をしたりした時に、自ら治癒しようとする力があるのです。
しかし、加齢により、免疫機能が低下すると、ウイルスや細菌に対抗することが難しくなります。
そうなると、インフルエンザなどの病気に、かかりやすくなってしまうのです。
ですから、免疫力を高めるサポニンを日頃から摂取することは、免疫力を保つためにも大切なのです。

サポニンは、食事から摂取することもできますが、効率良く摂取するために、サプリメントを利用する人も多いです。
ただ、体質やアレルギーなどによって、サプリメントを摂取した後にトラブルが起きるケースもあるので、選び方には注意が必要です。
大きな注意点としては、体に合うものを選ぶということです。

サポニンサプリの選び方に関してはこちらのサイトでも詳しく解説されていますので、一度ご覧になると良いかと思います。

サポニンは、多くの植物に含まれていますが、種類によって安全性が違ってきます。
また、同じサプリメントでも、人によって効果が違うことは、よくあることなのです。
摂取した時に、最大限効果を発揮できるサプリメントを選択することが大事です。
食事からサポニンを摂取する場合、過剰摂取の問題はありません。
ただ、サプリメントを利用してサポニンを摂取する場合は、用量を守るのが注意点のひとつです。
過剰摂取は、体に良くありません。

大豆サポニンの場合は、1日の摂取量の目安は、120mgと言われています。
桔梗に含まれるサポニンは、過剰に摂取した場合、吐き気を引き起こすことがあるので、用量と用法は必ず守るようにします。
注意点を守ることで、有効成分を最大限健康に活用することができます。