健康に効果のある成分は様々なものがありますが、健康診断結果があまり良くない時に摂取すると良い成分としておすすめなのがサポニンです。
サポニンとは党と他の成分が結合した有機化合物である配糖体で、植物の根や葉、茎などに含まれています。苦味やエグ味、渋みのもとになる成分で、黒豆や大豆、小豆、高麗人参、桔梗、ブドウの皮などに含まれています。特に豆科の植物の含有量が多いとされています。


サポニンの具体的な健康効果としては、腸で吸収したブドウ糖と脂肪が結合しないように抑制して脂肪の蓄積を抑えることにより肥満を予防する効果があります。
動脈硬化や高血圧の人が摂取することで、血液中の中性脂肪やコレステロールが改善するという研究結果も出ており、余計な脂肪が体に付くことを防ぐことが可能です。
血流をスムーズにする効果も認められています。血管内に血栓ができにくくする効果があり、血栓によって引き起こさられる動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの病気を予防します。


また、サポニンは免疫力を高めるのにも効果的です。細菌やウイルスから身体を守る働きをする免疫機能のひとつであるナチュラルキラー細胞を活性化することが認められています。
免疫力が低下してしまうと細菌などに抵抗する力が弱まってしまいます。しかし、それが改善することによって風邪やインフルエンザなどの病気になりにくくなると考えられています。
サポニンには肝機能を改善される効果もあります。中性脂肪やコレステロールは活性酸素によって脂質が変化させられてしまい過酸化脂質になってしまいます。過酸化脂質が増えると肝機能障害を起こしやすくなりますが、サポニンは過酸化脂質の生成を抑制して、肝臓の働きを高める効果を期待することができます。
このような働きから、肥満を予防したかったり、血流の流れを改善したい、免疫力を高めたり、生活習慣病を予防したい人などにオススメの成分といえます。


サポニンを摂取する場合には、大豆製品などの食品から摂取することができます。食品だけで健康効果を得るほど摂取することは難しいため、効率的に摂取したいという場合にはサプリメントがオススメです。
サポニンが含まれているサプリメントとしては、高麗人参などが配合されているものなどが良いとされています。サプリメントには様々なものがあるため、自分の体質に合ったものかどうかを確かめた上で、長く続けていくことによって効果を期待することができます。