サポニンとは植物の葉や茎、根の部分に含まれている配糖体の一種です。配糖体がなにかというと、糖と様々な種類の成分が結合することで作られる有機化合物のことで、生物界にはサポニンに限らずとても多くの配糖体が存在しています。例えば、目にいいとされているアントシアニンという成分やイソフラボンもこの配糖体の一種に含まれます。


サポニンには体内のコレステロールを除去したり、血栓のもととなる成分を抑制する効果もあります。特に大豆や高麗人参にはサポニンが豊富に含まれ、その健康効果が期待され、多くのサプリメントに使用されています。大豆や高麗人参の他にも、小豆やブドウの果皮、茶葉などにも多く含まれ、由来する植物によってサポニンの性質や働きが違っていることも大きな特徴としてあげられます。サポニンは食品から摂取することも可能ですが、その多くには苦味やエグみがあるので、サプリメントとして摂取するのが、一番効果的な摂取方法といえるでしょう。


サポニンサプリを飲むメリットとしては、肥満の予防、コレステロール値の軽減、血流改善、免疫力の向上、肝機能の向上など多くのメリットが存在します。このサプリを継続的に飲むだけで、このような大きな健康効果が得られるということは、うれしいところです。


またサポニンサプリを飲むメリットとして、更年期への効果があげられます。まず血流改善により、更年期のほてりやのぼせ、冷えなどを緩和することができます。更年期には体の隅々まで血液がうまく運ばれなくなり、上半身に血液が滞りがちになります。上半身に血液がとどまることで、のぼせやほてり発汗などがみられ、反対に下半身には血液がうまく運ばれないことで冷えが生じるようになるのです。このホットフラッシュという症状にサポニンサプリは有効に働くのです。


サポニンの肝機能を高める効果としては、コレステロールや中性脂肪が酸化された過酸化脂質という物質を抑制する働きがあります。過酸化脂質が生成されると老化や動脈硬化を引き起こす可能性が高くなります。また血中の悪玉コレステロールを軽減させる働きもあるので、ドロドロになった血液をスムーズな流れな状態に戻すことができます。これにより、体の隅々まで血液がいきわたるようになるのです。


このように多岐にわたるメリットは多いのがサポニンです。サポニンサプリを飲むだけで、健康診断の結果に不安になることも少なくなることでしょう。