血管に老廃物や脂肪分が蓄積することで起こる症状に「血栓」と呼ばれるものがあり、特に心臓や脳付近で大きな血栓が生じると心筋梗塞・脳梗塞と言った命に関わる疾患を生じる可能性が高くなります。そのため、健康を意識した取り組みを行う場合は血栓の予防・改善を第一の目標とすることが大切です。最近では血栓対策としてサポニンと呼ばれる成分を含む健康食品が注目されており、各社から多くの商品が販売されています。

医療機関での血液検査で血液の流れと血栓の有無は簡単に調べられるため、血栓症が見られた際には医師から脂肪の多い食事を控えたり、有酸素運動を積極的に行うようにアドバイスを受けることが多いです。血栓症の改善にはこれらの取り組みが最適ですが、特に血栓症を抱えがちな30代以上の方は男女問わずに仕事で忙しく、バランスの良い食事と日常的な運動が難しいことが多いです。錠剤タイプで売られていることの多いサポニンのサプリメントは、一日1回から数回程度の摂取で済むものが多く、多忙な現代の日本でも血栓対策に取り組みやすいようサポートする成分として人気です。

サポニンが血栓症を予防する仕組みとしては、脂肪の除去と蓄積の防止とともに、血管を広げる作用が挙げられます。食事から摂取した余分な脂肪や糖は皮下脂肪・内臓脂肪として身体に蓄積されますが、サポニンはこの脂肪を取り除きながら、余剰な栄養分が身体に溜まるのを防ぎます。そのため、既に血栓がある場合だけでなく血栓を予防したい方にも最適な成分と言えます。

また、高麗人参は古くから身体を温める効果で知られていましたが、この効果の中心となる成分はサポニンであることが判明しており、血管を広げることで基礎体温の上昇作用を持つことが明らかになっています。血栓は老廃物が血管に蓄積することに加え、血管そのものが委縮して狭くなっていることも発症の原因となるため、血管を広げて血栓を排出するサポニンは、心筋・脳梗塞の主な2つの要因を取り除く成分という点で特徴的です。

以上のように、血栓対策として大きな注目を集めているサポニンはサプリメントの量でも処方薬に近い効果が得られる場合があることが示唆されており、多くの商品の中から自分の体質や症状に合ったものを選ぶことが欠かせません。インターネットの口コミや公式サイトを参考にしながら、効果の面だけでなく継続的な使用ができる価格かどうかにも注目し、サポニンを利用した血栓症改善の取り組みを行いましょう。